イベント参加企業

顧客ニーズ重視型 “売れる”“稼げる”農業

有限会社米道ふたつい
能代市
都内や海外に40店舗以上展開している「おむすび権兵衛」の契約農家として、米のおいしさを消費者に届ける一役を担っています。顧客のニーズを重視した “売れる”“稼げる”農業をともに実践してくれる方を募集しています。
  • 事業内容
    米の製造・販売
  • 募集職種
    米作りに関する業務

有限会社米道ふたつい 代表取締役社長 桜田善仁さん 

 米の生産では、プロダクトアウト(出来たものを売り込む)が主流ですが、私たちは、顧客が求める米を生産するマーケットイン(ニーズを重視する)によりビジネスを展開していこうと考えています。現在は、都内や海外に40店舗以上展開している「おむすび権兵衛」の契約農家として、我が社が生産している米の90%以上を出荷しています。よって、そのニーズにあった品質の米を作る技術を常に磨いています。農業というよりは製造業に近いビジネス手法だと思っています。“売れる”“稼げる”品質の米を生産する農業を実現しているとも自負しています。

 おむすび権兵衛の契約農家の中でも競争はあり、契約を維持していくことは容易ではありません。私たちは生産者として、販売者を通して顧客が今どんな米を求めているのかを常に意識し研究し続け、販売者である「おむすび権兵衛」と協力し、市場を確実に広げ日本を飛び越え世界に秋田のおいしい米を届けています。

 今後顧客や販路の拡大とマーケットイン手法に磨きをかけ、ゆくゆくは秋田の農業活性化にも繋げていきたいと考えています。

私たちの米は、顧客との真剣勝負の上で生産されています。

精米の卸し作業には休みはありません。

体験プログラムと求める人材について

 体験内容は、米作りの現場になります。春は田植え、夏は除草作業など田んぼのメンテナンス、秋は稲刈と季節ごとで内容は異なります。ちなみに、春の田植えと秋の稲刈りには、おむすび権兵衛の社員が米の生産現場を体験しに秋田に来る機会があるので、そのタイミングでの体験プログラムへの参加がおすすめです。生産者と販売者、両方の関係性を感じることができると思います。

 一般的な米農家は、自分たちのお米が、どこでどんな風に販売されているか想像しにくいものです。しかし、私たちの会社の米は販路が明確ですし、販売者との交流から消費者との繋がりを感じることができます。これは、とても大きなことです。消費者を感じながら作物を生産することができる農業に携わりたい方に来ていただきたいです。

農業は常に勉強。だからやりがいがある!

 Uターン 作業員 桜田 大地さん

 現在の仕事内容は、年間通して田んぼでの作業がほとんどです。小さい頃から農業が近くにある環境であっても最初は教えてもらうことばかりでした。最近になってやっと様々なことを任される機会が増え、自分の判断で作業を進めることも多くなりました。失敗も成功も、結果はすべて稲刈り時期の作物に表れます。生き生きとした稲穂を見ると、また一つ経験できた!と自信になりますし、失敗すれば来年に生かそうと奮起します。さらに、去年から後輩への指導も任されたので、プレッシャーもありますが、やりがいのひとつになっています。

 ほかの農家の作業を手伝う機会も多くあります。みなさん農業を何十年もやっているプロフェッショナルで、なおかつこれまで培った経験や知識・技術を惜しまず教えてくれるよき先生です。誰に聞いても、快く相談に乗ってくださる大変恵まれた環境のここ能代は、県外から移住して農業を始めたいという方にとっても良い環境だと思います。

まだまだこれから、チャレンジしていきたいことがたくさんあります!