イベント参加企業

「なめこ」と「クワガタ」が 観光客を呼ぶ!

ぶなの郷あきた株式会社
北秋田市
夏はミヤマクワガタ採り、秋は紅葉とキノコ狩り、冬は温泉と年間を通してお客様が楽しめる仕掛けづくりを心がけています。業務はフロント業に関わらず多種多様。お客様を大切にし、地域活性化につなげてくれる支配人候補を募集しています。
  • 事業内容
    森吉エリアの観光4施設の運営
  • 募集職種
    クウィンス森吉他、観光施設の管理運営補助

ぶなの郷あきた株式会社 代表取締役社長 間杉政明さん

 「コテージラウル」「森吉山荘」「太平湖遊覧船」「クウィンス森吉」4つの観光施設と冬期間の「除雪業」、我が社はこの5つの柱で事業運営しています。観光業が中心なので通常冬は仕事が薄くなりがちなのですが、そこは除雪業を請け負うことによって、従業員の通年雇用と労働環境の充実を確保できています。
 季節や自然に左右されやすい観光業の安定を図るため、私たちはさまざまな事業を試行錯誤しながら生み出してきました。
 まずはなめこの栽培です。雪も落ち着いてきた3月末頃からゴールデンウィークまでの期間になめこの植え付けをします。5年ほどは植え付けをした原木からなめこが採れますが、6年目には収穫できなくなります。しかし、この古株にミヤマクワガタが卵を産み付けることを知り、これもひとつの産業になると考えました。
 夏になると原木からクワガタが孵り飛び回ります。そこで森吉山荘クワガタ捕獲ナイトツアーなどを行い、森吉山荘やコテージに観光に来たお客様に自然や虫取りを満喫していただく仕掛けづくりを行っています。
 そして秋には春に植え付けた原木なめこが収穫できるので、特産として山荘などでお客様に提供しています。このなめこ目当てでいらしてくれるお客様も毎年たくさんいらっしゃいます。このように「なめこ」「クワガタ」といったあらゆるツールをもちい、事業内容の充実から観光リピーターの確保まで、知恵を絞りながら実現させています。

クワガタ獲りは子供よりお父さんが夢中になっていることが多いですよ

体験プログラムと求める人材について

 その方の持っているスキルや経験にもよりますが、まずは施設のフロント業務などから徐々に仕事の幅を広げていって、経験していただきたいと思っています。
 求める人材としては、最終的には支配人クラスの責任者になっていただける方を考えています。企画の立案や従業員をまとめることができる、そして人を動かし現場を守っていける力のある人材に来てほしいです。もちろん、来ていただいた方が地域に溶け込むためのサポートや相談は手厚くしたいと思っています。一緒に会社をつくり上げていく仲間ですから。

クウィンス森吉は、内陸線の駅舎と一緒になっている温泉が楽しめる施設

秋田内陸線から見える、四季折々の素晴らしい景観が全国的も有名

地元のお客様との会話が心地いい

Uターン クウィンス森吉 フロント 吉田 彩香 さん

 出身は能代市ですが、結婚前の会社員時代に青森県十和田市に住んでいた経験があります。結婚後は主人の出身地である、ここ北秋田市の米内沢で暮らしています。
 現在の主な仕事はクウィンス森吉のフロント業務とお客様対応全般、配膳などのサービス業務です。年間通じてさまざまな方とのふれあいがありますし、毎日来てくれる地元のお客さまとも他愛のない話ができるのがうれしいですね。ここの温泉を楽しみに来てくださる方が多いです。
 私がこの地域に嫁いできたときは誰も知り合いがいませんでした。でも、子どもたちが大きくなって部活などを始めると自然に知り合いは増えていき、仲良しの家族もたくさんできました。子どもたちの部活や大会の送迎などを協力し合いつつ、持ちつ持たれつで子育てしています。よその子であろうと叱るときは叱りますし、もう誰が親だか分からなくなることもあります(笑)。でも、これが小さなコミュニティならではの充実した子育てなのではないかと思います。子育てを通じて家族が増えたという感覚です。

常連のお客様に声をかけてもらえたり、お話をするのが楽しいです